ヘアケアアイテム、「100個」使って分かったコト。

「趣味はシャンプー」の生き方とは?レビューブログより少し詳しく、解析ブログよりのんびりと、を目指します。1日1更新が目標。

「Fプロテクト フォルムキーパー」を解説・レビュー! 【アウトバストリートメントに必要なことって?】

ラク太です!

本日紹介するのは「フィヨーレ」から「Fプロテクト フォルムキーパー」。

 

Fプロテクト」シリーズはシャンプー・ヘアマスクを以前に紹介したことがあります。

Fプロテクト ヘアシャンプー リッチタイプ

Fプロテクト ヘアマスク リッチタイプ

 

今回はそのアウトバストリートメント版ですね。

 

 

「Fプロテクト フォルムキーパー」についての説明

 

フィヨーレさんの商品は、どれも1,500円前後のお求めやすい価格でありながら高機能のものばかり。

 

ただ、商品全体を通じて言えるのが、恐ろしい程に成分がギュウギュウに詰め込まれてしまっており、

時には肌にとってリスキーな成分も混ざってしまっている……

 という、実力派であるのは間違いないものの、色々と惜しい部分もあるメーカーです。

 

また、シャンプー・トリートメント・アウトバスと通して見ると、どれもほとんど同じ内容になっているんですね。

ですので、「髪にはこの成分」とか「頭皮にはこの成分」というよりも、

とにかく優秀な成分を片っ端から詰め込み、シャンプーにもトリートメントにも、アウトバスにも使い回す。

 

これがフィヨーレ流の低価格・高品質のミソなんじゃないか、と感じます。

 

成分について

 

本来ですと上位に来ている「ジメチコン」や「シクロペンタシロキサン」はシリコンですから、がっちりとコーティングする重めのアウトバスということになるのですが、

その前に「エタノール」が来るなど水気が多く、意外と扱いやすさがあります。

 

とにかく成分数が膨大で、搔い摘んだ説明にはなってしまいますが……

一見して、「シルクヒートプロテイン」と呼ばれる「(ジヒドロキシ~)~加水分解シルク」や「メドウファーム-δ-ラクトン」、「γ-ドコサラクトン」など、

熱ダメージのケア」を重点に置いた成分が目立ちますね。

 

「サロンで作ったフォルムを長時間キープする」ことがフォルムキーパーの名前の由来だそうですから、

「パーマやカラー後のケア」を一番のポイントとしているのかもしれませんね。

 

他にもペリセアやセラミド、アミノ酸にヘマチンと、優秀な成分がこれでもかと並んでいます。

なにせ量が量ですから、これらの成分が万全に機能するか?と言われればかなり微妙ですが。

とはいえ1,000円とはとても思えないレベルなのは確かです。

 

しかし注意が必要なのが、「クオタニウム-18」や「ベヘントリモニウムクロリド」、「セトリモニウムクロリド」といったカチオンの数々。

これらは髪の指通りを良くするコンディショニング成分ですが、肌にとっては刺激となる成分です。

 

ポリクオタニム-〇」といったカチオン化ポリマーも、人によっては十分刺激になり得ます。

 

他の優秀な成分同様、これらも一つ一つはごく微量でしょうが、種類が多いので気になりますね。

頭皮に付ける商品ではありませんが、逆に言えばもし頭皮に付いてしまった場合、

洗い流さないトリートメントですので長時間触れ続けることになってしまいます。

 

ロングヘアーの方の場合、髪が触れる首や耳、酷い場合は頬にも刺激になり得ます。

 

アウトバストリートメントにはあまり配合してほしくは無い成分ですね。

 

実際に使ってみた

 

成分の説明でも触れましたが、かなり水気が多いですね。

オイルという感じではありません。

白濁しており、こってり目のオールインワンジェルのような質感です。

 

Fプロテクトと言いますと柚子の香りが特徴ですが、このフォルムキーパーは少し違いますね。

少し強めの、なんとも言い難い香りです。

 

使用感は上々。

「サラサラ」と「しっとり」のバランスが良いですね。

強いて言えばツヤは少なめ。

 

ヘアオイルのようにスタイリング剤として使いたい、という場合には適さないでしょう。

 

手に取った際には強く感じた香りも、サッと揮発しそれほど残りません。

どちらかと言えばメンズライクな使用感と言えそうです。

 

まとめ

 
 基本的にはこのような「良いところも悪いところも沢山ある」という商品は、
「ずば抜けて良いところは無いが、目立って悪い点も無い」という商品よりも評価が劣ります。
 
ついこの間、「志尊淳さんは髪のお手入れをしない」というニュースに関連した記事を書きましたが、リスクのあるアウトバストリートメントなら付けない方が良いくらいです。
 
ですが1,000円という値段、リスクのある成分以外の素晴らしい成分の数々……
それらを踏まえると、全然ダメ!という評価にはなりません。
 
ご覧いただきありがとうございました!
よろしければシェア・ブックマークなどお待ちしております!