ヘアケアアイテム、「100個」使って分かったコト。

「趣味はシャンプー」の生き方とは?レビューブログより少し詳しく、解析ブログよりのんびりと、を目指します。1日1更新が目標。

「ルベル ナチュラルヘアソープ ウィズ JO」をレビュー! 【プチプラ高品質】

 

ラク太です!

 

本日紹介するのは「ルベル ナチュラルヘアソープ ウィズ JO」。

 

雑貨屋さんの定番商品ですね!

 

実力派メーカー「ルベル」らしい、シンプルながら使い勝手のいい商品になっています。

 

 

「ルベル ナチュラルヘアソープ ウィズ JO」についての説明

 

ルベルの商品と言いますと、以前に「イオセラムクレンジング」の記事を書いたことがあります。

その際も触れましたが、ルベルさんの魅力と言えば「とにかくシンプルかつ高機能のクレンジングシャンプー」です!

 

シンプルな分お求めやすく、コストパフォーマンスも素晴らしいですね。

東急ハンズなどの雑貨屋さんでは定番の商品になっています。

 

ちなみに、ドラッグストアでも10店に1店くらいの割合で売っています。

(余談ですが、これを売っているドラッグストアは大抵品揃えが良いです。笑)

 

さてこちらの「ナチュラルヘアソープ ウィズ JO」ですが、前述の「イオセラムクレンジング」同様、シンプルながら上質な洗浄剤が使用されています。

 

単純に洗浄剤だけなら、こちらの方が好みかもしれませんね。

 

成分について

 

ベースとなる洗浄剤は「ラウレス-4酢酸Na」。

昨日のクラシエさんの記事でも触れましたが、肌にはマイルド・汚れはスッキリという素晴らしい洗浄剤ですね。

ついでに言えば環境にも優しい成分です。

 

やはりシャンプーとは「洗う」ためのものですから、

このような洗浄剤に力を入れるメーカーさんは、見てて安心感がありますね。

 

私の経験則として、「ラウレス-4酢酸Na」のような通称「酸性せっけん」と呼ばれる洗浄剤は、髪のコンディションに泡立ちが左右されやすいイメージがありますが・・・

 

コカミドDEA」や両性界面活性剤を配合することで泡立ちを、

また油分を乳化させる「非イオン界面活性剤」を配合することで洗浄力を、

それぞれ補強していますね。

 

「洗う」ということに関しては非常にハイレベル、快適な使用感でしょう。

 

あとは、「JO」の名前の由来である「ホホバオイル」。

ホホバオイルは髪や肌への馴染みが良く、しっとりとした洗いあがりをもたらしてくれます。

 

ルベルと言いますと、ややさっぱりとしたシャンプーが多いイメージがありますが・・・

保湿とリンス効果をもたらす「ポリクオタニウム」が2種類配合されているなど、かなりしっとり系のシャンプーになっていますね。

 

強いて言えば着色料が蛇足に感じます。

ですが全体的に使いやすくまとまった、良いシャンプーですね!

 

実際に使ってみた

まず香りは・・・

何なんでしょうね?笑

 

すみません、

私は香りもけっこう重視するタイプで、嗅覚もそこそこ自信があるんですが・・・

「この香りだ!」って断言できない香りです。

 

強いて言えば「爽やか、だけど少し甘いウッディ」でしょうか?

非常に上品で、シックなパッケージとよく合っていますね。

 

泡立ちは悪くありませんが、上述のとおり少し安定感に欠けると言いますか・・・

たまに凄く泡立てにくい時があります。

 

慣れると「今日の髪だと泡立ちにくそうだな」という風になんとなく分かってくるので、そんな時は泡立てネットを使ってあげるのも良いですね。

 

仕上がりは適度にしっとり。

ペタンコにならない、丁度いいラインですね。

 

まとめ

 

 個人的に、デザインは240mlのものが気に入っているんですが・・・

 

Amazonだと240mlが1,400円なのに対し、720mlが2,100円、1リットルで2,600円と・・・

価格設定が(良い意味で)おかしいんですよね。笑

 

とはいえ、個人的にシャンプーは半年以内(理想を言えば3か月)には使い切って頂きたいので・・・

大家族でもない限り、1リットルは避けるべきかと思います。

 

本日もご覧いただきありがとうございました!

よろしければシェア・ブックマークなどお待ちしております!