コスメ「200個」レビューして分かったコト。

コスメコンシェルジュ(♂)が運営するコスメレビューブログ。ヘアケア多め。

美容ブロガーの皆さま、「LIPS」による発信をしていますか?

 

ラク太です!

いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます!

 

昨日の記事では、ブログ開設1か月で行ったことをザックリと話させていただきました。

 

とはいえ、特別なことは一切やっておらず、大抵のブロガー様にとっては当然のことだと思いますので、本当にサラッと流させていただきました。

 

スマホアプリの「StageCamHD」が個人的にオススメだよ~、というのが多少独自性があったかな?という感じです。

 

そんな中、少し有益な情報をお届けできるかと思うのが、「LIPS」にも投稿をしています!というお話。

 

非常に楽しいので、よろしければ使ってみてください!

 

 

「LIPS」について

とはいえ、私も「LIPS」を使い始めてまだたったの10日目です。

 

「LIPS」は化粧品のレビューアプリです。

 

とはいえ、ダイエットの経過報告などブログのように利用されている方もいれば、

公式のタグに「交流」の欄があるように、SNS代わりに使用されている方も多いです。

 

よくLIPSが10代20代向け、@cosmeがそれ以降向けと言われますね。

(もちろん年齢は関係ありません。LIPSにも30代以降の方は大勢おられますし、@cosmeにも20代以下の方は大勢おられます)

 

見ますと中学生くらいでも多くのフォロワーを獲得し、インフルエンサーとして活躍されている方々も多いです。

 

こういった若い世代、特に10代ともなりますと、行動範囲や購買力の関係から、非常に独特な美容文化が生まれます

 

中には見るからに止めたほうが良いと思うものもありますが・・・

割と理にかなったものもいくつかあり、ブログの種にもなりそうです。

 

LIPSはSNSではない

これは絶対に頭に入れておかなければなりません。

 

LIPSは「レビューができるSNS」ではなく、

「SNSのようにも使えるレビューアプリ」です!

 

いいねやフォロー、交流など、利用者の好意やマナーによってSNSとしての側面が生まれ、そうした部分が人気を呼んでいるのです。

 

それを逆手にとって、あからさまな集客目的に利用するのは控えるべきかと思います。

 

実際、私も上記プロフィールのようにブログの説明を載せてはいますが・・・

SNSのように「ブログ更新しました!」といった内容の投稿をしたことはありません。

 

あくまでオマケ程度に留めています。

 

(実際、LIPSでは宣伝行為は禁止されています。

これは恐らく「企業案件を一般の投稿のように挙げるな」といった意味合いのようですので、恐らくブログは大丈夫だと思いますが・・・

あまりにアフィリエイト色の強いブログなどはグレーゾーンかもしれません)

 

実際に使ってみた

個人的に、Twitterに投稿する際の文章は、

「フワッ」というイメージです。

 

「ツイート=つぶやく」ですからね。

 

一般の人には軽く流される、けど自分の意図したターゲットには的確に刺さる・・・

 

それが理想のツイートかと思います。

(とはいえ昨日もお話したとおり、私自身Twitterにはあまり力を注げていませんが・・・)

 

一方、インスタグラムに投稿する際の文章は、

「バン!!」というイメージです。

 

主役はあくまで写真ですので、文章はあくまでそのフォローになります。

 

そして、LIPSの文章はというと・・・

ビャーーーー!!!!」というイメージです。

 

もう、頭空っぽですね。笑

 

ブログ形式にしたり、自分なりの美容法を細かく解説されている方も多く、これはもうスタイルの違いと言うほかないんですが・・・

レビューアプリなんですから、使用感が伝わればそれで良いわけです。

 

なのでシャンプーの場合ですと、

「良いか!?悪いか!?香りは!?泡立ちは!?容器のデザインは!?」

あたりが伝われば良いんです。

 

そして、良いか悪いかに関しては5段階で星をつける機能があるので、それに任せるとして・・・

となると、「良い香り!モコモコ!オシャレ!可愛い!」です!!

 

少なくとも私はそうしています。

 

繰り返しますがLIPSに関しては集客など2の次3の次ですので、楽しんだもの勝ちです。

 

あと個人的にお伝えしたいポイントとして、プレゼント企画が結構豪華だと思います!

 

 

まあ当たるか当たらないか、欲しいか欲しくないかは別として・・・

ブロガーにとっては話のネタになりますし、何よりLIPSにおいてこうしたプレゼント企画は「ブーム」を生みます。

 

LIPSはSNSではない」の項目でも述べましたが、LIPSではいわゆる「ステマ(ステルスマーケティング)」のような投稿に関して厳しいようです。

 

ですので、「購入した商品」と「プレゼント品」を分けるよう求められます。

 

その結果、プレゼントの当選時期には「当選しました!」という内容の投稿が非常に多くなります。

 

そして、当選報告の投稿は非常に人気です。

(LIPSさん自身、「良く投稿している人は当たりやすいですよ」と言っていますので・・・

参考にする面もあるのかもしれません)

 

すると、しばらくはプレゼント品がブームとなり、他の投稿も「○○(プレゼント品)と比べて~」といったものが目立ちます。

 

ですので、応募するかはともかく、どんなプレゼント企画が行われているかは要チェックです。

 

まとめ

LIPSの良さは、何といっても気楽!

 

個人的に、Twitterの文章ですら結構わずらわしく感じてしまうので・・・

「みんな見てね!」ではなく、「良かったらどうぞ」というスタイルが合っていると思います。

 

そもそも「見てね見てね!!」とやろうにも、宣伝のようなことはできませんし・・・

ブログ形式でしっかり作りこむスタイルの方なら、Twitterやインスタグラムで「LIPS投稿しました!」と更新報告するのも良いかと思います。

 

ですがそこまでやると、完全にブログをもう一つ持つのと変わらないので・・・笑

 

現状は今のスタイルで行こうかと思います!

 

本日もご覧いただきありがとうございました!

よろしければシェア・ブックマークなどお待ちしております!