コスメ「200個」レビューして分かったコト。

コスメコンシェルジュ(♂)が運営するコスメレビューブログ。ヘアケア多め。

「湯シャンで人生変わりました!」←この記事の有益性を一発で見分ける方法

f:id:rakuta_haircare:20190914014641p:plain

 

ラク太です!

当ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

さて、本日のテーマは「湯シャン」について。

定期的に流行する美容法ですね。

 

実際に実践して「美髪を手に入れた!」という方も多い湯シャン健康法ですが・・・

合う人と合わない人の差が激しい美容法でもあります。

 

そこで、テレビやネット記事で「湯シャンで人生変わりました!」という記事を見かけた際、

その記事が自分にとって有益か否か?」を見極める、超シンプルな方法をお教えします!

 

 

①、「湯シャン記事」はここを見よう

最初に結論から述べてしまいますと・・・

 

「湯シャン記事」でまず最初に見るべきポイントは、

 

年齢」です。

 

その記事を書いている人、実際に湯シャンを実践している人の年齢に注目しましょう。

 

筆者と自分とが同年代、あるいは筆者の方が若いのであれば、その記事は参考にする価値があると言って良いでしょう。

 

ちなみにですが、40代以降の方が書かれた記事がほとんどではないかと思います。

 

「湯シャン」は、近年のアミノ酸シャンプーブームのような「必要以上に洗いすぎない」という考え方の極致とも言えるものです。

 

その考え方自体は私も全面的に賛成ですが・・・

「洗わなさ過ぎ」もかゆみ・べたつきの元となってしまいます。

 

「湯シャンを試したが、続けられずに挫折した」という方は、こうした点が原因の場合が多いかと思います。

 

人間の皮脂というものは決して悪ではありませんが・・・

必要最低限は取り除いてあげるべきです。

 

30代以下のまだ皮脂量が多い世代の場合、湯シャンだけではその「必要最低限の皮脂」すら取り除いてやることが出来ない、というわけですね。

 

②、①をクリアする記事が見つかった!実践する前にワンステップ

「自分と同年代の方が湯シャンで成功している!これは参考になりそうだ!」という記事が見つかったとしましょう。

 

その時に必ず覚えておいて欲しいのが、「決して無理はしない」ということです。

 

これまで毎日、ドラッグストアに数百円で売られているシャンプーで頭を洗っていた方が、すぐに湯シャンへ移行することはまず不可能です。

 

そこで、湯シャンへ安全に移行するためのワンステップとして、

・これまで使っていたシャンプー

・ベビーソープ

 

の2つを用意しておくことをオススメします。

 

ベビーソープは特に、ピジョン・ミルふわ・ミノンあたりが値段・クオリティともにオススメです。

 

 

 

 

基本的には自分と同年代の方の湯シャン記事を参考に実践し、どうしてもベタつきやかゆみが我慢できなければ、ベビーソープで洗ってみる。

 

それでも収まらなければ、無理せず一度元のシャンプーでしっかり洗う・・・

といったスタンスで臨むと良いでしょう。

 

湯シャンに限らず、美容・健康のために無理や我慢をするのは本末転倒です。

 

③、まとめ

シャンプーレビューというものをしている以上、私自身は湯シャンを実践することはできませんが・・・

ヘアケアにおける一種の究極系ではあると思います。

 

ただ、完全に湯シャンに切り替えるとなると、スタイリング剤が使えないなど、生活習慣全体を見直す必要があります。

 

もし「湯シャンに興味がある」という場合、

例えば「休日はスタイリング剤を使わない」ということからスタートし、

その日を湯シャンの日にしてみるなど、自分の生活スタイルに合わせた柔軟な取り組みを行うべきです。

 

決して無理はせず、移行期間は数か月~数年かけるつもりで取り組みましょう。

 

ご覧いただきありがとうございました!

よろしければシェア・ブックマークなどお待ちしております!